予想していなかった(?)コムラサキ

うっとりする輝きのミドリシジミに誘われてmats氏と同道。たくさんいるとは聞いていたが、そう易々と開張したミドリシジミに出会えるわけもない。ひたすら半湿地の草原を探し回り、まず最初に見つけたのは開張したミドリシジミならぬ、開張した中型の蝶。光の関係で、見た瞬間はヒョウモンかなと思ったが、いやいや、コムラサキでした。翅を大きく広げているものの、羽化直後だったのか?(いやそうも見えない)近づいても敏感には反応しない。もしやどこか不具合でもと思ったがそうでもなさそう。コムラサキの両の翅が青紫色に輝くところを撮りたくていろいろな方向から角度を変えてみましたが、一方が青く光るともう片一方は思ったように光らず。原理として、光の方向と鱗粉の並ぶ向きが微妙に見える色に影響していることだけは分かるが、なかなか両方青いは難しい。しばらく遊んでもらって、最後には手乗りも試みました。

ともかく、ミドリシジミを撮る前の、予想していなかったオマケでした。

(Henk)

参考 蝶図鑑  コムラサキ ミドリシジミ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)