樹液を求めて、サトキマダラヒカゲ

オオスズメバチ

ヨツボシケシキスイ

ヨツボシオオキスイ

樹木も若葉の季節となりクヌギも徐々に樹液を出すようになっています。そこへ早々と現れたのはスズメバチ。ゆくゆくは女王バチになるハチだと思われますが、単独であたりを盛んに飛び回っています。スズメバチなどが新しく齧った後からも樹液が浸み出て、さらにほかの虫たちを呼び寄せます。ヨツボシオオキスイ・ヨツボシケシキスイ・ショウジョウバエなどに混じってサトキマダラヒカゲが数頭姿を現していました。

(Henk)

参考 蝶図鑑 サトキマダラヒカゲ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)