冬を越したクロコノマチョウ

生田緑地では例年秋には羽化して間の無いクロコノマチョウをたくさん見てきました。彼らはどこかに潜んで冬を越していたはずですが、春先にはなぜか不思議とこれまで殆ど見かけませんでした。そのクロコノマチョウが今日ミゾソバなどが茂る草むらにいるのを見ることが出来ました。おやっ、枯葉かなという感じでした。おそらく枯葉に混じって冬を越したのでしょう。

追加:
今日(5月22日)、同じく生田緑地でアカシジミを探している時に、草むらに潜んでいたクロコノマチョウの越冬明けの個体に出会いました。ここにもいた。やはり翅の端はすり切れて薄くなっていました。翅の裏から表側にある大きな黒い目玉模様が透けて見えています。

(Henk)

参考 蝶図鑑 クロコノマチョウ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)