ツマキチョウ と ナガメ

それぞれのやり方で今ちょうど旬のノラボウを楽しむ、ツマキチョウとナガメ(奇妙な名前ですが、菜の花の類を好むカメムシということ)。多摩川河川敷で。

ナガメはこの時期に大量発生して、さらに一斉にこうして子孫を増やす。しかし、あれほどウジャウジャいたのが噓のよう、10日も経つとあっという間に数が少なくなりました。

(Henk)

参考 蝶図鑑 ツマキチョウ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)