先日、深大寺山門前の白のハギの枝に黄色いものが・・・。
見ると、枝にキタキチョウが3頭固まって止まり、さらに周りを1頭が飛び回っています。さらによく見ると、いずれのチョウも枝についている1つの蛹に群れているのです。これは初めて見る情景で、驚きと同時に感心もしました。群れているのはすべてオスのようで、みんな蛹から出てくるメスを自分の花嫁にとひたすら待ち構えているようなのです。かわいそうと思いつつ、一度すべて追い払うと黄色の翅の色が透けて見える羽化間近の蛹がこんな格好でいました。しかし、しばらくするとまた同じように蛹に纏わりついてくるのです。これも自然の摂理。

(Henk)

参考 蝶図鑑 キタキチョウ

3+