モンシロチョウの産卵

ハイムの花壇を訪ねてきたモンシロチョウです。最初はカラミンサ(シソ科)で熱心に吸蜜。このモンシロチョウ、蜜が目的かと思って見ていると、いろいろな花がある中で何か探している感じがします。このチョウは産卵場所を探していたようです。

もう花が終わってしまったスィートアリッサムの株に止まり卵を産み付けていました。

そのすぐそばにはラベンダーも植わっていたのですが、そちらには見向きもせず、あちこち食草となる植物を探していて、ここでスィートアリッサムを見つけたようです(手前に見える小さな白い花をさかせている)。調べてみるとこの植物はやはり食草になるアブラナ科の植物でした。たくさんある植物の中からどのようにして食草を見つけるのか、大した技です。

(Henk)

参考 蝶図鑑 モンシロチョウ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)