群れ飛ぶ モンシロチョウ

11月上旬の多摩川土手、10を越えるモンシロチョウがまるで小さな竜巻のように群れ飛んでいました。 mats

以前にも見たことのある《déjà vu》なこの光景、あわててカメラを出してもたついている間に群れは分解して半数以下になり上空に舞い上がってしまいました。そんなに集まって飛んで何か良いことがあるのかは不明です。このような群れは一つのメスに対してあとはオスだというような話はあるのですが、画像からのオスメス判別にはいまひとつ自信が持てません。

  ⇒ 参考 蝶百科図鑑 モンシロチョウ 

 ↓ センダングサで吸蜜する単体のオス

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)