多摩川河川敷散歩の第5弾のモンシロチョウです。昨日のモンキチョウは黄色い花にとまる黄色い蝶でいまひとつでしたが、地味なモンシロチョウは逆に花や背景で引き立ちます。とまっている紫の花は南米原産の帰化植物アレチハナガサで最近河川敷では特に増えている気がします。この季節の多摩川散歩シリーズは目につく蝶(+蛾)を一通り紹介しましたので今回で一休みです。

mats 参考 蝶図鑑 モンシロチョウ ←(ついでにウスバシロチョウ、ウスバキチョウも紹介しています)

4+