今年2番目もモンキチョウ

先日、多摩川での今年初のモンキチョウのオスをご紹介しましたが、今回は同じモンキチョウのメスです。オスと同様メスの個体も2-3日前から何度か目撃はしていましたが、気まぐれに飛び回り、なかなか写真には残せていませんでした。今日は、しつこく後を追いかけまわし、やっとのことでオオイヌフグリに止まって吸蜜を始めたところを撮ることが出来ました。
しかし、気が付いてみると、ズボンには河川敷の枯れた草原で付いたコセンダングサの棘のあるあの厄介な種がビッシリ、取るのに一苦労でした。またまた知らぬうちに種の運び屋にされてしまいました(苦笑)。

(Henk)

参考 蝶図鑑 モンキチョウ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)