可哀そうなキタキチョウ

花が咲いているところを飛んでいたキタキチョウですが、心なしか飛ぶ力が弱いような感じがしました。しばらく様子を見ていると、たくさん咲いているツクバネウツギの花には止まらず、わざわざ地面に落ちた花に止まったのです。数秒して、今度は萎みかけたフヨウの花に止まる。そしてさらに道路沿いの日向にたくさんさいているヒメツルソバに止まり、最後はオシロイバナの花ではなく葉っぱに止まるだけ。いずれの場合にも吸蜜はしていませんでした。翅は傷んだようには見えないが、やはり何かおかしい。

家に帰って写真を拡大して見ると、口吻の様子がおかしい。チョウの口吻は通常はクルクルッとゼンマイのように巻いて収納、蜜を吸う時にはあたかも一本の管ようにすっと伸びるのですが、それが2本に離れてそれぞれが妙な形に捻じれていたのです。

ともかく腹が減っている(?)ので蜜を吸おうと花のところまでは来ても、これではどうにも蜜は吸えそうにない。体力はどんどんなくなる一方で、何とも可哀そうなことです。

(Henk)

参考 蝶図鑑 キタキチョウ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)