ちょっと難儀する

多摩川土手にもヒガンバナが咲き始めました。あまりに見事なので、通りがかりに一枚パチリ。そして、30分後にまたその側を通ると、その同じ花でモンキチョウが1頭吸蜜しようとしています。何度も花を離れて止まる位置をいろいろ変えながら頑張っています。しかし、大きく反り返った花びらと長い蕊に邪魔されてなかなか思うように蜜のありかまで口吻を伸ばせないようです。悪戦苦闘の結果、どうにか蜜にはありつけたようですが、アゲハなどの大型のチョウに比べて体の小さいモンキチョウはヒガンバナではちょっと難儀したようです。

(Henk)

参考 蝶図鑑 モンキチョウ

ちょっと難儀する” に対して2件のコメントがあります。

  1. あさぎ より:

    カマキリが近くにいなくてよかったですね。

  2. Henk より:

    あさぎさん
    そうですね。チョウも食事に夢中で全く油断してしまい、あえなくカマキリやクモの餌食になることもしばしばです。この時にはカマキリなど天敵がそばにいなくて無事でした。ただ、本当に見ている方が笑えるくらいに四苦八苦して吸蜜していました。
    もう一枚の写真です。これでは蜜にはとどかなかったようでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)