ヤマトシジミの輝き

チョウは雌雄で翅の色などが異なっていることが多く、そして色鮮やかなものはオスの方と大体相場は決まっています。ヤマトシジミの場合もその例外ではなく、オスの翅の表は明るい灰青色で目立ちますが、メスはといえば地味な黒褐色と表現されるような色です。

しかし、黒褐色と一言で表現されるメスの翅にもよくよく見れば複雑な美しさがあります。光の角度によっては鈍色(にびいろ)の金属光沢をもち、しかも赤系と青系の間を微妙に変化しながら複雑な色合いで変化するのが見られます。色を言葉だけで表現するのは難しいものです。その微妙な色合いの変化は、実際に肉眼で見るほどではないにせよ、写真でも見ることが出来ます。如何でしょう。

(Henk)

参考 蝶図鑑 ヤマトシジミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)