多摩川土手 ヤマトシジミ飛翔

11月初めの多摩川土手。今回は数がずいぶん増えたヤマトシジミです。 mats

センダングサに集まる蝶たちのなかでも圧倒的に数が多いヤマトシジミ。新鮮な個体、傷んだ個体が入り交じってチラチラと飛び回っては花にとまって吸蜜を繰り返しています。

 ⇒ 参考 蝶百科図鑑 ヤマトシジミ

↓ ちょっと中央からずれた・・・

 ↓ アオメス(低温期に時折見つかる青藍色の鱗粉が散っているメス。通常のメスはべったり濃灰色)

 ↓ 通常のメスはべったり濃灰色(10月上旬ハイム) 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)