ミドリシジミの開張 生田緑地

悔しい思いをしながらも何度か早朝のミドリシジミの開張を狙って生田緑地に通いました。12日からは生田緑地の蛍の国は夜間閉鎖され、夕方4時から翌朝9:30まで立ち入ることができなくなるのと、11日ごろからは梅雨の走りで天気が思わしくなさそうなので、10日がある意味では早朝撮影の最後のチャンスでした。それで朝5時起床で、現地に6:30到着、最後のチャンスに賭けましたが、今日もミドリシジミは一向に姿を現しません。しかし、2時間待ちに待った結果、ついに8:30過ぎに木道のすぐ脇でオスがきれいに翅を広げたところに出会えました。しかも、20分近くほとんど場所を変えずに撮影に応じてくれました。とてもラッキーとしか言いようがありません。8時ころには、今日もほとんど根負けして「今季のミドリもこれで終わりか。」と、撤収しようと何度も思いましたが、もうあと10分、あと10分と粘った甲斐があった!そのうちの何枚かがこれです。この場に立ち会えたのは、生田緑地で顔なじみになったモクさんです。「モクさん、今日は最高だね!」

(Henk)

参考 蝶図鑑 ミドリシジミ

Follow me!

ミドリシジミの開張 生田緑地” に対して5件のコメントがあります。

  1. モク より:

    Henkさん、本当に待ちわびたミドリシジミでしたね。近くで羽を開いたときは感動しました。見る角度で青~緑に輝いていましたね。自分が撮影したものと同じ角度のミドリシジミを見ると自分が投稿した気分です(笑)。

    1. mats より:

      モクさん、相棒殿

      なんだか二人で盛り上がってますね・・・仲間に入れて欲しかった! とは言え、今年生田緑地がちょっと私に冷たいような気がして勝手にあちこち浮気していたのが原因ですから文句も言えません。
      ただあちこちに行っても、どういうわけかメスばかり出てきます。オスも稀に見ましたが決して開いてくれませんでした・・・やはりなんと言ってもオスの開張は魅力があります。おめでとうございます!
      2~3日中にメスの記事をアップする予定です。

  2. Henk より:

    モクさん

    昨日に味をしめて、雨がふってなかったので今朝も行きました。同じ場所になんと3頭もいましたよ。大喜びしましたが、結局翅は開かず。飛んだ時に見た限り、すべてメスでした。その意味で、昨日の1頭はやはり格別の綺麗なオスでした。
     (懲りないHenk)

  3. モク より:

    Matsさん
    Henkさんから蝶を求めて遠征されていることを聞いています。その行動力に脱帽です。
    撮影された貴重な写真を楽しみにしています。
    生田緑地の撮影場所は12日から30日まで9:30まで閉鎖されてしまいす。シジミチョウが見れる期間、時間帯にもあたり残念です。
    別の場所、時間帯で撮影できればうれしいですね。

    1. mats より:

      モクさん

      お恥ずかしい・・・行動力と言えばそうかもしれませんが、あちこちやみくもに出かけてる割には空振りばかりで、このシリーズは終ってしまいそうでめげてます・・・
      それにしても生田緑地の入場制限は、真に生田緑地が好きな人たちの中の一大グループである鳥と蝶の愛好者にとってはショックもいいところですね。そんな制限をすることでホタルが増えるのかも大いに疑問です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)