今年初 ハイムのルリシジミ

2号棟南側のアガパンサスの葉の上で。

 

5号棟南側のヒイラギモクセイの生垣で。2号棟のものとは別の個体です。

 

珍しく、ユキヤナギの小さい花で吸蜜中。

 

ピンボケですが、飛翔中。

多摩川では先日見たばかりですが、これは今年初のハイムのルリシジミです。2号棟・5号棟の南側の暖かいところで5~6頭(いや、もっといたようです)が活発に飛び回っていました。
いつものことですが、このチョウはせわしく飛び回りなかなか止まってくれません。たとえ止まったとしても今度はなかなか翅を開いてくれません。この日ユキヤナギの花で吸蜜しているところを撮れたのはとてもラッキーでした。飛んでいる時に見えるオスの翅の表の色は実に美しい淡い瑠璃色(青紫色)をしています。上の写真はピンボケですが、色の感じはご覧いただけると思います。実際に飛んでいる時はもっと鮮やかに見えますよ。

(Henk)
参考 蝶図鑑 ルリシジミ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)