春探し 二ヶ領用水

日曜の朝、明日は春分というのに、このところ寒の戻りですっかり気温が下がってしまいました。薄日はさしていたので近所の二ヶ領用水で春を探してみました。 mats

1週間前のような暖かい日が続いていたら一気に開花したであろう桜もちょっと一休み感があります。薄日はさしても肌寒くいつもの二ヶ領用水の散歩コースに蝶の姿は皆無です。既に羽化した蝶たちも縮こまって下草に潜っているのでしょう。下流のポイントまで来てしまったので諦めて折り返し、トボトボ気味に歩いていると後ろから背中のコバルトブルーを輝かせてカワセミが追い抜いていきましたがカメラを構えるひまもありません。「こんな日もあるさ」と(実のところは、こんな日の方が多い)さらにトボトボと歩いていると前方の岩にとまっているカワセミを見つけ、あわてて撮影したとたんに上流に向けて飛び立ちました。「待っててあげたのよ」(メスです)と言ったのが聞こえたような・・・

結局、その後も蝶は現れずじまいで二ヶ領用水から離れようとしたときに目に飛び込んできたのは食草ギシギシの葉上に這い上がってきたと思しきベニシジミ、今日初めて見る蝶です! 太陽が雲から顔を出し直射日光が当たり出すと、予想通り開翅して金属光沢に近い見事な橙の輝きを披露してくれました。

↓ いたっ!

↓ 開いた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)