湿原のゴイシシジミ 信州遠征10 上高地

岳沢でクモマベニヒカゲを撮影後下山して登山口の岳沢湿原に戻ると出迎えてくれたのは?  mats

美しい岳沢湿原に広がっているササ藪にはあちこちでゴイシシジミが飛んでいて、テリトリーを張っているような2頭の追いかけあいも見られます。ゴイシはもちろん「碁石」のイメージからの命名で、分布は全国的ですがどこにでもいる蝶ではなくここ以外で見たのはこれまで2カ所に過ぎません。

ササ、タケ類が生えるところで発生しますが、幼虫は葉を食べるのではなく、そこに発生する特有のアブラムシをエサにして育つ肉食性という変わり者。きれいに整備された湿原につき設けられた桟道からの撮影ですが蝶の数が多いので比較的簡単に撮れました。

↓ きれいな池のように見えるが浅瀬の川で流れている

↓ 半開翅、後方から

↓ 同、前方から

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)