羽化したてのミドリシジミたち 遠征編(長野県南佐久郡)

 

今回訪ねたアイノミドリシジミが朝方に活動するところは、夕方にはエゾミドリシジミが入れ替わりで活動します。エゾミドリシジミはやや山地性で、オスの色比較ではアイノミドリシジミの金緑色とは違った青緑色の控えめな色に輝きます。昼前に林の縁を歩いていると下草からエゾミドリシジミの羽化したてのメスが這い上がってきているのを見つけました。なかなか狙って撮れる写真ではないのでラッキーでした。実はその翌々日にはアイノミドリシジミのメスも同じ場面に出くわしたのですが、下草の中でぼけた画像にしかならないので上に出てくるのを待って同じような写真を目指したのですが、上に出てきたとたんに飛ばれてしまいました。残念・・・草のなかにいるアイノミドリシジミの不満足な写真もご覧下さい。

mats 参考 蝶図鑑 アイノミドリシジミ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)