4月に多摩川土手に出てきた頃は、橙色の輝きがまぶしかったベニシジミですが夏が近づくにつれ羽の表は黒化し、かろうじて橙色が残っている程度で「クロシジミ」(そういう名前の蝶が別にいますが・・)の方がふさわしい・・・晩秋になるとまた橙色の輝きが復活しますがいったいどういうメカニズムでそうなるのでしょうか??春の輝きは図鑑をのぞいてみてください。

mats   参考 蝶図鑑 ベニシジミ

 

 

4+