追跡。エノキを探す?アカボシゴマダラ

ハイムで、今年もこれまでに何度か姿を見ていたアカボシゴマダラです。
このチョウは他のチョウに比べあまり頻繁には羽ばたかず、どちらかというとゆったりと滑空しながら飛ぶのが特徴です。この時もハイムの中の植え込みや生垣の表面を舐めるようにひたすら低く低く飛んでいました。おそらくあちこちの植え込みに混じって生えている小さな実生のエノキを探しているような感じでした。ただ、私が追いかけていた10分足らずの間に何度か木に止まり何やら確認しているようでしたが、すべて「ハズレ」。最初はヒイラギモクセイ、次はアラカシ、さらに次はサツキという具合で、残念ながらすぐ近くに実生のエノキは何カ所かにあったのですが、そこには結局行き当たりませんでした。
この後、姿を見失ってしまったので、この日のアカボシゴマダラ追跡はここまででしたが、このアカボシゴマダラは適当なエノキが見つかるまでまた何度でもこれを繰り返すのでしょうか。

ともかく、チョウの食草を判別する能力とそれを探す涙ぐましい努力には感心させられます。それが本能と言ってしまえば、それまでですが。

(Henk)

参考 蝶図鑑 アカボシゴマダラ
「アカボシゴマダラの真実とは?」

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)