やはり、タヌキの痕跡だった

やはり、タヌキがいたのか!というのが率直な感想です。

これまでチョウの撮影に多摩川河川敷の中を歩き回っていたが、特に最近よく見かけるようになり気になっていたのがこの写真のような足跡と糞でした(普通は、こんなものは写真に撮ったりはしないものですが、どうも気になったので・・・、悪しからず。)。足跡はもしかすると犬のものかもしれないと思う反面、糞の方は明らかに一か所にまとめて盛り上げてあるのがあちこちで見られ(溜め糞)、これはタヌキがいる証拠ではと思っていたところです。それが、こうして昨日のmats氏のタヌキの証拠写真で、「やはり、タヌキだったか。」ということでこれまでのモヤモヤが解消しました。次はどのくらいの頭数がいるのかが大いに気になるところです。この分だと10頭どころではなさそうにも思えますが、果たして・・・。

(Henk)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

前の記事

タヌキ出現 番外

次の記事

チョウのなわばり