これって? 鳥の名前は難しい 番外

野外で蝶を撮影していると時折、鳥に目を惹かれることがありますが・・・ mats

尚、2日間近くサイトにアクセスできない状態が続きましたが復旧しました。ご迷惑を掛けました。

実は、ハイムの最寄駅である中野島、及び私がこのところ頻繁に訪れている同じ南武線の久地(余り行動半径が広い方ではありません)でクマソ、ことクロマダラソテツシジミが発生したので、それならきっと登戸でもいるのでは?と思って多摩川土手の登戸周辺を歩いたときの写真です。これといった特徴のない可憐な鳥が目の前にとまり撮影の機会に恵まれました。多摩川のサイクリングロードわきの木にとまっているのですが名前はお預けで撮影だけして、夜にいろいろ検索しましたがよく似たのがいくつもいてお手上げ。そこで、時折このサイトに投稿をいただいている鳥の先生のモクさんに教えをこいました。その結果は「サメビタキでしょう」ということでした。鳥に詳しい方でもサメビタキ、コサメビタキあたりの区別となるとなかなか難しいそうです。夏鳥として北海道、本州中部以北で過ごして冬は南の方に渡る鳥とのこと。ひょっとするとこれまでにも見たことがあったのかもしれませんが次に見る機会があったら、もっと親しみが湧くことでしょう。

因みに、登戸周辺はウラナミシジミばかりでクマソは見つかりませんでした。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)