ルリチュウレンジ

これがルリチュウレンジの成虫です。年明け早々、幼虫の方を先にご紹介しましたね。
名前のとおり、メタリックな濃い瑠璃色をして触角をツンと立てた小さい愛嬌のあるやつなのです。しかし、このハチはある種の害虫でもあり、気が付くと大事に育てているバラやツツジなどの葉が無残に喰い荒らされたことがあります。喰い荒らされた葉を見て、一体何の仕業なのか?どんな虫だろう思っていましたが、意外にこれはハバチという菜食主義のハチの一種、その幼虫の仕業だったのです。ハチは肉食だと思いがちですが、ハチもチョウや蛾に劣らず植物を喰い荒らすのです。コブシとかモクレン類を専門に食べるコブシハバチとか、アジサイ類を食べるアジサイハバチなど、結構たくさん種類がいます。

(Henk)

参考 ルリチュウレンジ、恐るべし

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)