ナガコガネグモの狩り(閲覧注意)

河原でチョウを追いかけていて時々目にするのがこの大型のクモです。名前をナガコガネグモと言って結構大きなバッタなどもとらえているようです。最初の写真では長いバッタの脚(胴体はもうない)がまだ網に引っかかったままです。上の写真で薄黄色と黒の縞模様があるのが背中側、下の写真は他の所で撮った別の個体の腹側から見たところです。

因みに、ハイムで撮ったジョロウグモがこれです。いずれ劣らず迫力があるクモです。

(Henk)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)