多摩川のミヤマアカネ

昨日のオニヤンマに続いて、今日もトンボの話です。
これは多摩川にいるトンボで、ハイムにも時々飛んで来ています。名前はミヤマアカネといい、翅の先端近くに洒落た茶色のメッシュが入っています。この2つの個体、少し色合いが違うのが分かるでしょうか。上の写真の体の色が赤っぽいのがオスで、下の写真の少し色が薄く黄色っぽいのがメスです。しかし、成熟する前のオスもこんなに赤くはなく体の色だけでは雌雄が分かりにくいこともあります。雌雄の区別がはっきりわかるのは、翅の前縁の先端付近の「縁紋」と呼ばれるところの色の違いです。縁紋が赤いのがオス、白いのがメスなのです(この縁紋の違いに最初に気づいた人は偉いなあと思います)。

(Henk)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)