羽づくろい メジロ 番外

二ヶ領用水のせせらぎ脇のトキワサンザシにメジロがたくさん群れていたのですが・・・ mats

みんな懸命にトキワサンザシの赤い実をついばんでいますが、その中にどうみても番(つがい)と思しき2羽がなにやらくっついて、つつき合っています。ずいぶん長い間この行動が続いたあとようやく1羽が離れました。羽づくろいの一種かとは思ったのですが帰って調べてみると:これはメジロ、ハト、カラスなどに特有の「相互羽づくろい」といわれる行動で大事な羽・羽毛の並びを整え、汚れを除去するというだけでなく、自分では「足」が届かない頭や首についている寄生虫の除去にも役立っているという研究があるそうです。確かに動画で見られるように頭や首を中心につつきあっていていました。メジロは鳥の中では珍しく生涯同一伴侶とのこと・・・

動画 ⇒ 「メジロの相互羽づくろい」(ザーザー音は横を流れる二ヶ領用水のせせらぎです)

↓ フーッ、やっと終了・・・

↓ ほかのみなさんは忙しく食事中

 

 

羽づくろい メジロ 番外” に対して2件のコメントがあります。

  1. モク より:

    メジロが二羽つつき合ったり、並んでいるところを目にしたことがあります。
    なかなかチャンスはないのですが「相互羽づくろい」ですか!勉強になります。
    かわいいですよね。動画もじっくり観れました。

  2. mats より:

    モクさん

    たまたまいい場面に出会ってゆっくりと動画も撮れました。おかげさまで鳥の世界の魅力にも少しずつはまり込んできています。ほとんどの鳥が「生涯同一伴侶」ではないということも驚きでした。面白いですね~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

次の記事

彩雲再び