今年はどうした?キアシドクガ

例年4月中旬から幼虫の毛虫がいたるところを這いまわり、大きなミズキの木もあっという間に丸坊主にしてしまうキアシドクガ。5月に入ると一斉に羽化し、無数の真っ白の成虫がまるで吹雪のように乱舞を始めるのですが、今年はなぜか生田緑地でも高尾山でも幼虫の姿もほんの数えるくらいしか見ていませんでした。だから、この時期になってもキアシドクガの乱舞が見られないのは当然なのかもしれません。何かキアシドクガに異変があったのか・・・。
数日前、やっと数頭の白い成虫が木々の間をひっそりと飛んでいるのを見たばかりです。そうなるとかえって珍しく感じられたので、草むらにいたのを撮りました。最初の写真がそれです。
お陰で、毎年丸坊主にされていたクマノミズキも今年はご覧のとおり(下の写真)葉っぱを青々と茂らせています。

(Henk)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)