昆虫の世界も生存競争が厳しい。これは、キアシドクガという蛾の蛹に卵を産みつけているハチです。今年、生田緑地ではキアシドクガの幼虫が大量発生して、クマノミズキという大木を何本も一瞬にして丸坊主状態にしてしまっています。そして、いたるところで蛹になっていますが、またそれをこの種のハチ(名前まで分かりませんが、寄生バチの一種と思われる)が片っ端から卵を産みつけて回っているのです。
キアシドクガは名前からは毒がありそうですが実際は毒はなく、成虫は足が黄色で翅は真っ白(この命名にも命名者のいい加減さを感じますね)、林の中をたくさんヒラヒラ飛んでいるとモンシロチョウと間違える人もいるくらいです。いずれ番外としてご紹介しましょう。

(Henk)

 

4+