まぎらわしい カモ 番外

平瀬川(久地)の続き、冬鳥マガモの話題です。 mats

いかにも派手な繁殖期のマガモのオス。メスはいたって地味ですが、オスも繁殖期以外はほとんどメスと同じ色調に変化するものの、嘴(くちばし)の黄色いところがそのまま残ることで判別できます。また、中野島周辺でも多摩川、二ヶ領用水でよく見かけるカルガモに加えて、カルガモとマガモのハイブリッドである俗称「マルガモ」というのがいることを最近知りました。マルガモのオスの嘴は先端のみ黄色いので区別できるのですがややこしいカモ類の判別をますます複雑にしています。

↓ マガモのカップル

↓ マルガモ(ハイブリッド)のオス、嘴は先端のみ黄色。二ヶ領用水中野島 2月中旬

↓ マルガモの飛びたち。後羽の翼鏡(見る方向により青、紫、緑に変化する構造色)が美しい                    

↓ こちらはコガモ ややこしい! 平瀬川 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)