潜水お得意 カイツブリ 番外

裏の多摩川の池にいつもいる小さな水鳥カイツブリの勇姿です。 mats

頭を前後に振りながら泳いでなんとなくひょうきんな印象があるカイツブリは年中見られる小型の水鳥です。先日紹介したカワウ(川鵜)ほどではないにしてもこちらも潜りは大得意。潜ったらいったいどこに出てくるかに神経を集中して動画にトライしました。水中で相当高速で泳いでいるのがよくわかりましたがエモノは捕れなかったようです。

動画 ⇒ カイツブリの潜水

↓ 潜りはじめはなんとなく不格好・・・

↓ もちろん生活がかかっているので普通はちゃんとゲットします。

 

 

 

潜水お得意 カイツブリ 番外” に対して4件のコメントがあります。

  1. モク より:

    カイツブリの潜水動画を初めて見ました!
    水を得た魚ならぬ、水を得た鳥(笑)

  2. mats より:

    モクさん、

    先ほど生田緑地でお目に掛かったばかりですが、雨がポツポツし出して師匠が帰られてから、10分ほどで待ち人ならぬ「待ち鳥 ルリビタキ」が現れました。1時間近く前に撮影されたというルリビタキの画像を見せていただいていたく胸を打たれ、「来るまでまで待とうルリビタキ」の心境だったのですが意外に早く現れてくれました。おかげさまで今年初めての青い青いオスが撮れました。深謝です。近々今日の記事も投稿します。
    カイツブリ君、可愛いでしょう?

  3. Sophia より:

    カイツブリの動画を拝見しました。今回はネコちゃんに誘惑されずに、超すばやくカイツブリの潜水をみて元のページに戻りました。
    動画を見るといつも大のお気に入り動画一覧に誘惑され、1~2時間は戻れなくなるのです。
    今回はカイツブリの高速潜水に心を奪われ、動画終了と共にすばやく元のページに無事帰還できました。
    魚でもこんなスピードでは泳がないのではと思うほどのスピードに、鵜匠に繋がれて、魚を取っている鵜がかわいそうになってしまいました。

  4. mats より:

    潜水の動画は何度もトライしていたのですが、その都度、潜ったまま出てこない状態で(実は予想外の所に出ていたはずなのですが)、見失っていました。今回は上から水中の姿が確認できるところを泳いでくれたので運良く撮れたのですがあの速さですからカメラで追いつくのがたいへんで・・・ それにしてもあの泳ぎにもかかわらずエモノなしというのには笑ってしまう愛嬌モノですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)