粋だねえ!ヒシモンナガタマムシ

陽当たりのいい場所に積み上げられているエノキ・ケヤキなどの榾木の上をちょこまか這いまわり飛び回る極小の甲虫、ヒシモンナガタマムシ。近づくとすぐ木の裏側に回りこんで隠れてしまうか、あっという間に飛び立ち逃げてしまう。とても警戒心が強いのです。その飛んだ瞬間にキラリと見せる胴体の背の部分の鮮やかな青緑の金属光沢。あちこち調べても、殆ど翅を広げた写真が見つかりません。これをもう少し鮮明にとらえてやろうとカメラを構え粘りに粘った結果、前回掌の上で見せてくれたよりもはっきりと画像にとらえることが出来ました。まあこの程度で、とりあえず満足しましょう。
じっくり画像を見て、思わず「翅の下はこういう風になっていたんだ。それにしても、君。鞘翅は朽ち木色で至って地味なのに、隠れたところにおしゃれをしているなんて、粋だねえ。」と。

参考 「じゃ、あばよ。」ヒシモンナガタマムシ

(Henk)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)