同じもの?多摩川のホシホウジャク

先日来、オオスカシバとホシホウジャクという高速で羽ばたく蛾を追いかけています。
高速で羽ばたくので翅が静止したところを撮るのは私のカメラでは限界があります。そこを無理してトライしているのです。
今日は、そんなホシホウジャクのホバリングしながら多摩川土手のキバナコスモスで吸蜜している一枚と、河原のアレチウリの葉の上で翅を閉じてしばし休息している一枚をご紹介します。滅多に見られませんが、翅を閉じると翅の模様から見てやはりただの地味なスズメガの一種にしか見えません。しかし、飛行中の姿はオオスカシバ同様ハチドリのようで腹部や後翅の黄色い模様も見えて軽やかで優雅な感じさえします、不思議ですね。

(Henk)

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)