「羽衣」という名前を持った変わり種 

今日はちょっと変わったものをご紹介します。

ハゴロモ(羽衣)という優雅な名前をもらっている昆虫です。広く言えばセミ・カメムシ・ウンカなどの仲間です。その中で3種類ご紹介します。いずれも多摩川や生田緑地など身近にいますが、大きさは5mm程度なので、あまり目に止まらないかもしれませんね。

アオバハゴロモ(多摩川のエノキに)

スケバハゴロモ(多摩川のクズの葉に)

ベッコウハゴロモ(生田緑地のミカンの葉に)

(Henk)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

前の記事

奇妙な光景にめぐり合った

次の記事

クワガタを捕った子供