オオイチモンジを求めて ⑩ トンボ&ハンミョウ 番外 信州上高地遠征

オオイチモンジの紹介は終了しましたがその他の蝶(及び番外)も魅力的なので続いて紹介します。 mats

梓川を背景にアカトンボ(アキアカネ)がとまっていますが、水の色が緑っぽいため補色となって絵画的な配色になりました。一方、オオイチモンジが飛来する有名な沢のドロノキ周辺地面にどこかで見たようなハンミョウがあちこち這い回ったり、飛んだりしていました。てっきり最近このサイトでとりあげた多摩川にいたコニワハンミョウかと思いましたが、あとでよく調べてみるとミヤマハンミョウとのこと(最後尾が凹んでいるという特徴あり)。飼育を試みたもののエサ用に与えたアリにも負けて逃げ出すので、結局諦めて逃がしてやったコニワハンミョウは印象的でしたが、ここではいったい何を食べているのかと不思議な気がします。

  参考記事 意外と弱虫 コニワハンミョウ

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)