今日のハイムの蝶 ジャコウアゲハ(幼虫・蛹)

昨年より始めたジャコウアゲハの飼育ですが、ちょっと厄介なことがあります。今年も鉢植えの食草ウマノスズクサにたくさんの卵が産み付けられたのはよかったのですが、厄介なことの一つは、鉢植えの葉っぱなどあっという間に食い尽くしエサが足りなくなり、しばしば多摩川までエサ採りに行かねばならぬこと。もう一つは、幼虫がエサを食べている間はいいのですが、蛹になる直前には安心して蛹になれる場所を求めて草を離れて、ベランダ中を這いまわり、我が家の壁ならいいのですが、仕切り板を超えて隣戸の方まで行って蛹になること。上の写真は我が家のベランダの壁で。黄色いのが蛹、白黒のが前蛹という蛹になる直前の幼虫。

今朝、隣戸のベランダで3個ほど蛹になっている(なろうとしている)のを見つけ(下の写真)、慌ててお隣さんにご挨拶かたがた事情のご説明に行きました。無事羽化するまで、暖かく見守ってくれることを願っています。

(Henk)

参考 蝶図鑑 ジャコウアゲハ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)