私は脇を通るたびに6号棟のゴミ置き場の側のサンショウの木を見ます。そこには、よくアゲハが卵を産みつけ、青虫がいることが多いのです。最近は青虫が3匹ほどいて、だんだん大きくなっていくのを観察しています。
そして、今日興味ある場面に出会いました。というのも、1匹の青虫をカマキリが狙っているようなのです。(どれが青虫で、どれがカマキリかお分かりになりますか? 写真中央です。)このカマキリはまだそれほど大きくなく、本当に青虫を狩ることができるのかとも思いましたが、ジッと動かず狙っているようすです。もし、青虫が餌食になったとしても、可哀そうだからといって人間が勝手に介入するのは自然の摂理に反すると思い、そのままにしました。数時間後行ってみましたが、カマキリはもうおらず、青虫はまだ健在のようでした。カマキリはこの狩りは失敗したのでしょう。

(Henk)

参考 蝶図鑑 アゲハ

4+