蝶になったお菊さん ジャコウアゲハ

昨年秋に裏の多摩川土手で終齢幼虫を見つけたジャコウアゲハ、連れて帰って蛹になったのが10月27日・・・mats

昨日は雨で寒くてひどい一日でしたがひとついいことが・・ジャコウアゲハの蛹が別名「オキクムシ」(お菊は江戸時代の「番町皿屋敷」に出てくる気の毒な女中さん)と呼ばれることは以前の記事に書いたのですが、なんと羽化していたのです。北側の洋室・・我家で最も寒い部屋・・にカゴに入れて放っていたのでまさかこんなに早く羽化するとは思っていませんでした。お菊さんらしく、きれいにしてある種の幽玄みが漂うメスでした。昨日の悪天候の中で放すわけにはいかなかったので今朝恒例により、さあバルコニーからの旅立ちだと思ったところ南側のバルコニーは大規模修繕で足場に塞がれていていかにも無粋につき北側からです。アゲハのなかでもゆっくり飛ぶタイプですがフワリと飛び立っていきました。

⇒ 参考 蝶百科図鑑 ジャコウアゲハ    オキクムシ ⇒ 以前の記事 「異形のコンペイトウ?」

以前の記事掲載のオキクムシ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)