ハイムのクロアゲハ

ハイムでは黒い大型のチョウがよく見られます。小さい子供に限らず、飛んでいるのを見つけると「クロアゲハだ!」と言っていますが、どうでしょう? 同じ黒いアゲハでも何種類か違ったものがいるのです。最近ハイムで一番よく見かけるのは、なんといってもジャコウアゲハです。私が飼育していることもあるのですが、多摩川あたりからも飛んで来ているようです。その次がクロアゲハ(本当にクロアゲハという名前のチョウです)、さらにオナガアゲハ・ナガサキアゲハ・モンキアゲハ・カラスアゲハも見られます。皆少しずつ違った特徴がありますが、結構早いスピードで飛んでいると、瞬時に種類まで言い当てるのはなかなか難しいものです。まあ、黒アゲハ(黒いアゲハ)でいいとするか・・・。でも、違いを確認されたい方は、是非この蝶図鑑をご覧ください。

上の写真はヤブカラシの花に、下の写真はツクバネウツギの花に来ているクロアゲハです。

(Henk)

参考 蝶図鑑 クロアゲハ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

前の記事

明・暗 セミの羽化