新種のアゲハ? 遠征編(信州入笠山 その3)

もしかして、新種のアゲハかと思いました。コスタリカやブラジルでもあるまいし、この日本でそう易々と新種が発見される訳がありません。翅の裏側が真っ赤なアゲハは前回入笠山に来た時も見ています。今回、その謎が解けました。要は、ユリの蜜を吸おうと羽ばたいているうちに、ユリの雄しべの花粉を翅の裏側に摺りこんでいたのです。どうりで赤くなるわけだ・・・。
(Henk)

参考 蝶図鑑 キアゲハ

Follow me!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)